ベビーズキッズこおりやま

管理人のブログ

芸術の秋

事 -こと-2016年10月31日

4回目の参加となる「中田町秋蛍」。

今年は親子で「赤トンボ」がテーマ!
娘:森の中を車で走ったら赤トンボがいたらしい...。
私:娘がトンボを呼んだら、赤トンボ大王が来たらしい...。

 
残念ながら秋蛍当日は雨が降り出し、現地に到着した頃には灯篭は撤収され見ることはできませんでしたが、久しぶりの親子絵の具は、あーだこーだと空想を言い合いながらの楽しい時間でした!!

 

161031-02.jpg裏磐梯の紅葉を楽しみながら「諸橋近代美術館」へ。
娘は持って行った草花辞典を片手に、作品が全くない美術館のお庭を楽しんでくれたようですwww
それでも、帰宅後「今日は何が楽しかった?」と聞くと、「美術館!」との答え。
「えっ?美術館?何が面白かったの?お庭??」と思わず聞き返すと、「チーズみたいな時計!」と素晴らしいお返事いただきました♪
 

161031-06.jpg二本松を中心に開催されている「福島ビエンナーレ」。
智恵子の生家で、銅版画家 小松美羽さんの作品を鑑賞しました。親子で釘付けです。

161031-03.jpg霞ヶ城公園「二本松の菊人形」会場では、ヤノベケンジさん+増田セバスチャンさんの"FLORA(花の女神)"が展示されています。かなり気に入ったようで、しばらく娘は動きません!

午前11時と午後2時に目ざめて立ち上がるそうで、時間を合わせて行けば良かったwww

 

芸術という括りを意識せず自然に楽しめ、でもしっかり心に残る。最近、各地で開催されている地域風土を活かした芸術祭は、のびのびと親子で楽しめる魅力的な場所です。
 

161031-04.jpg嬉しかった出来事として秋の工作。
一昨年作った秋のコラージュ。ずっと家に飾っていましたが、さすがに娘の記憶にはないようで、先日、色々質問してきました。「2歳のときにね、お散歩中に拾ったもので一緒に作ったんだよ。」と説明した翌日から・・・毎日、落ち葉や石を持って帰ってきますwww
幼稚園でお外遊びの最中ひたすら拾っていたようで、もう一度作る気満々です(笑)
今回は娘に任せて、母さんは横から口だけ出していましたが、本人は自分の作品に満足したようです。
怪しい行動の原因を伝えるためにも、作品を幼稚園に持たせたところ、可愛い額縁をつけて廊下に飾っていただきました!娘も照れながらも嬉しかったようです♪
 

161031-05.jpg「過去に見たもの、作ったものが、こうやって今に繋がってくるんだなぁ。」と、

芸術の秋を感じた母でした。